坐骨神経痛の治療について

332a3140

「私は坐骨神経痛です」という方はたくさんいらっしゃいますが、果たしてしっかりと理解したうえで使っているでしょうか。 坐骨神経痛は症状であり、病名ではありません。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症、による『坐骨神経痛』。の方が適切だからです。あなたは坐骨神経痛です。とドクターから診断を受けたからそう皆さんいうのかもしれませんが、上記症状や腫瘍などによる神経の圧迫で坐骨神経痛がでるのです。

坐骨神経痛とはどんな状態か

・お尻や足にかけて痺れや痛みがでる。

・座ったとき、立つ時に痺れ痛みがでる。

・鋭い痛みが走ることがある。

・お尻から足にジリジリとする感じがある。

・脱力感があり歩きたくない感じがする。 などです。

このことから坐骨神経痛を治すというのは椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症など、バランスが崩れ身体が偏りお尻の筋肉が神経を圧迫しているようなものも、バランスを整える、腰に対して悪い緊張の強い筋肉を和らげる、ことにより神経への負担、腰への負担を減らすことによって改善していくことが可能です。