首の痛みについて

800

脳には大量の血液が必要なため首には左右で4本の動脈が通っており、肩の筋肉の過緊張などで血流を悪くしたり、姿勢が悪いが為に筋肉が固まり血流を悪くすることもあります。このことにより首へ悪い影響を与えることがあります。

患者様で多くみえられるのは以下の症状です。

寝違え

同じ方向を向いて寝ていたり、不自然な寝方をしている際に起こります。

デスクワーク、細かい作業

同じ姿勢でずっと作業することにより下肢の血流が悪くなり、上半身は猫背のようになりパソコン作業などがあると巻肩や眼精疲労から首や頭にでることもあります。

ストレートネック

『まっすぐな首』と聞こえはいいですが、首は本来後ろに反っていなければいけないところです。スマホや育児等で下を向くことが多いと後ろの筋肉が伸ばされ続け前の筋肉は縮みます。適度な曲線があることで首への負担は減らすことが出来るように身体はなっています。

頸椎ヘルニア

加齢により椎間板が飛び出てしまう、猫背など姿勢の悪さ、スポーツ活動などでなることが多いです。

交通事故でのむち打ち

何t(トン)もの力が衝突しますので、一番重たい頭を支えている首は大変な負荷がかかります。

などです。

当院での施術方針

332A3231a

当院では姿勢を良くしていくことで首の痛みに対して施術させて頂きます。血流を促す為に固まっている筋肉、関節なども一緒に動かしていきます。特に背中の肩甲骨周りの筋肉は首からの繋がりが結構あるので重点的にする場合もあります。

首をほとんど触らなくても腰回り、背中回りなど動きを出すことで痛みが緩和することも多々あります。患者様一人一人の身体をみて、その方に合う施術を行っていきます。

ですが、患者さん自身でもしっかり家でできることや生活で気を付けることをしていかないと早めの解決にはなりませんし、根治することは難しくなっていきます。悪いと思われる行動、家でのリラックスの仕方、癖などを無くしていき、自分自身で痛みがない、でない身体を一緒に作っていけるようにしていきます。