成長痛について

成長痛について

医学的に明瞭に範囲が定義されているわけではないですが、子供が夕方から翌朝にかけて膝の周囲や足の甲、踵や股関節、足の付根などに痛みを訴えるものの翌朝になると痛みが解消されている上に、医療機関で検査を受けても原因が判明しない症状を成長痛と呼びます。


多くの方々にとって耳馴染みがある成長痛という症状は、成長期の子供の身体において骨が急速に成長する事が原因として考えられている事が多いですが、実際には骨が成長する様子は関係がありません。

成長痛の症状

成長期の子供は成長段階であるが故に骨や関節、筋組織が未完成な状態ですが好奇心が旺盛な時期とも重なるので、活動量が増え各部位に疲労感が蓄積しやすい状態です。
そのため、学校生活や放課後などに活発に動くからこそ各部位に疲労感が生じ痛みや不調を成長痛であると考える事例が多いですが、当然物理的に組織がダメージを受けて痛みに繋がっている場合もあります。


成長期は生涯の中で最も短期間で身体が大きくなる時期なので、各部位は円滑に大きくなるべく組織自体が非常に柔らかい様子になっています。

成長痛の仕組みとは?

骨を含む各組織が柔らかくなっているからこそ大きくさせられるのですが、取り分けて柔らかくなっている骨の先端部位は硬骨ではなく軟骨なので、強い負荷を受けてしまうと炎症が引き起こされます。


成長痛に多いケースが、軟骨の状態になっている先端部に炎症が生じている骨端症です。
骨端症も成長痛の中の一つの症状ではありますが、はっきりと軟骨状態になっている骨の先端部が炎症を発症しているという原因が判明しているため、施術のプロの指示に沿ったケアを施す必要があります。

成長痛にお悩みの方は当院へご相談ください!


当院では、症状へのアプローチの後、痛みが強く感じられる時にはアイシングも同時に施しつつ、症状の改善を狙います。


また、安静に過ごしていく事も改善へ大切なことです。休息のコツや安静にしている際のセルフケアもお伝えしますので、まずは当院へご来院ください!