寝違えについて

寝違えについて

起きたときに首から肩までの部位や首の後ろに痛みが出ることがあり、寝違えと呼ばれています。
症状は人によって様々ですが、症状が悪化すると痛みで首を動かせないこともあります。

寝違いの仕組みとは?


検査や画像では変化がなく、睡眠中に不自然な姿勢を続けたことで筋肉の血液供給が不足したことが原因のひとつだと考えられています。
頸椎の後ろには椎間関節がありますが、椎間関節の袋が炎症を起こしたことで痛みが生じることもあります。


同じ姿勢を長時間続けたりパソコンなどのデスクワークが長引き頭を一定の位置に保持すると、頚部の筋肉に負担がかかります。
寝違えは軽い病気で時間がたてば痛みが改善することが多いので、あまり深くは考えないというのが現状です。

寝違え症状の判断について


数時間から数日で痛みが改善するなら少しずつ首を動かすことでよくなります。
手足が正常に動くか痺れがないかも調べ手足を叩いてもらい、反応を見る深部反射のテストもします。
寝違えの場合は首の動きが制限された状態ですが、頸椎椎間板ヘルニアや頸椎症性脊髄賞、関節リウマチなどの病気である可能性もあります。寝違えが起こった場合は痛い方向に首を動かさないほうが安心です。

寝違えが起きたら、まずはご相談ください!

一般的に、寝違えを起こしてしまったら、そのまま放置か整形外科に行って痛み止めや漢方薬をもらって終わり…なんてことがよくおきます。

かたの駅前整骨院では、そのような薬や適当な施術をして終わり。なんてことは決してありません。
寝違えが起きた理由を探り、アプローチをかけて終わりには自宅でできるセルフケアの方法をお伝えし根本から改善のお助けをさせて頂きます。