五十肩の条件、治療法

 

こんにちは!

かたの駅前整骨院です!

今回のブログは「五十肩の条件、治療法」についてまとめました!

 

一般的に呼ばれる五十肩とは四十代以後に発生する事が多く、

加齢や過労によるはっきりとした原因のない肩関節の痛みと運動制限が起こるものです。

特に、頭の後ろに手を上げることや腰に手を回すことが難しくなり、

後ろの物を取ろうとしたり、腕を上げる時に痛みが出てきます。

 

症状は急に現れるものから、少しずつゆっくり表れるものもあり一定せず

・肩の変形

・筋肉委縮も無いか、あるいは少し有るか

・腫れ

・熱感

「ありません」

・四十代以後であること

・明らかな原因が無く痛みや運動障害があること

が五十肩の条件で、

原因が明らかでないことから、

・糖尿病

・甲状腺疾患

・心臓疾患

・腫瘍

などの内臓系の疾患の鑑別も必要になってきます。

 

五十肩は大きく3つの期間があります。

発症して2~12週間程度の「炎症期」

発症して3~12ヵ月の「拘縮期」

拘縮が次第になくなっていく「解氷期」 です。

 

患者さんの肩の痛みの度合いや可動域制限により、

それに合わせた施術を行っていきますが、

おおむねこの期間を基にし、治療計画を立てて行きます。

 

炎症期では、痛みが最も強い時期なので、無理に動かさず、

肩周りの強張りすぎた筋肉を緩め、

腕の負担を取りながら、血流や老廃物を流してくれるリンパの流れを良くし、

肩を冷やさないようにするなどの工夫を行っていきます。

 

拘縮期では、最長12ヵ月と長期に及ぶこともあるので、

そうならない為にも、ホットパックなど患部を温める温熱療法を取り入れながら、

肩の可動域に応じたストレッチ、体操を行っていきます。

この時期は温めることで痛みが軽減する事が多いので、

それに対するアドバイスも随時行っていきます。

 

解氷期では、拘縮が次第に緩和されてくるので、

日常の工夫や肩を温めている間に肩の痛みや動きは改善されていくので、

徐々に自動可動域を増やしながらストレッチなどを継続していきます。

 

完璧な予防法が無く、気をつけておいてもなってしまう方なってしまいます。

なので、五十肩になってしまった際は、

放置せず、できるだけ整骨院などで治療を受け、

1日でも早く痛みをなくしていけるようにしましょう。

 

 

かたの駅前整骨院、ラインを始めました!

是非友達追加ボタンで登録をして頂くか、直接整骨院の方に来られて頂いてQRコードから登して下さい!

友だち追加

 

QRの方は画像保存をして頂き、LINEアプリを起動して、『その他』タブの『友だち追加』『QRコード』左下の『ライブラリー』で保存したQRコードを選択して頂ければ完了です!

登録された際はスタンプもしくは一言送信して頂くことで登録完了となりますのでよろしくお願いします。

登録することによるメリット

・ライン@に登録して頂くことで予約の連絡が簡単にできるようになる。

・ランダムで配信させて頂くその時その時で違うクーポンなどを活用できる。

・困ったときの対処法などを相談できる。

・お得な情報をチェックすることができる。

ということで登録しておいて損はありません!ぜひぜひこの機会に登録をよろしくお願いします。