むち打ちの種類について

事故などで、首が、ガクガックっと、衝撃を受けたときに良く発症します。

正式には、「外傷性頸部症候群」とか、「頚椎捻挫」と言います。

最近では、ムチウチ症によってもたらされる様々な症状が、

脳脊髄液減少症という『髄液が慢性的に漏れることにより発生するもの』、

あるいは脳に損傷を受けた為に

身体の麻痺や高次能脳機能障害を発症する軽度外傷性脳損傷によるもの

との指摘がなされていますが、

器質的には、首部やその周辺の打ち身・捻挫・頭部外傷などで、

靭帯(じんたい)や関節包、筋肉などの障害のため、

外見上あるいはX線診断における変化は見られないことが多いのです。

 

首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの

不定愁訴などの様々な症状が患者側から訴えがある事はありますが、

医学的には認められるものは少ないのです。

 

教科書的には、4つに分類されます。

1.頚椎捻挫型

鞭打ち損傷の軽度のもので全体の80%を占める首周りの筋肉、

胸、背中の筋肉などの損傷や、椎間関節の捻挫による痛み、

圧痛、運動痛が見られる。

知覚異常や、頭痛、腕の疲労脱力感などの不定愁訴が、主体。

 

2.頚部交感神経症候群(バレ・リーウ型) 

頚部交感神経および椎骨動脈が障害され発生。

後頭部・項部の痛み、めまい、耳鳴り、視力障害、

顔面・腕・咽頭頭部の知覚異常、夜間に腕のしびれなどの不定愁訴を主体。

 

3.神経根型

椎間孔内外における神経根の圧迫によるもの。

頚部から、腕までの神経症状、咳、くしゃみ、頚椎の過伸展、

側屈回旋によって、症状が増す。

他覚的には、判断テストもある。(スパーリングテスト、ジャクソンテストな  ど)

 

4.脊髄型

頚椎の脱臼骨折合併の場合や、頚椎症・後縦靭帯骨化症(OPLL)を伴う場合には、

 脊髄症状を伴う場合もあるので、注意が必要。

 下肢に出る場合もあるが、上肢に著明で4番頚椎以上が傷害された場合には、

 呼吸麻痺になる。

 

こんなかんじです。

ただ、骨折などを伴わない場合は、安心してください。

ざっくり言って、「首の捻挫」(寝違えのひどいもの)と、大差ないということです。

そして、「頚椎カラー」(固定)は、要らない と言うことを覚えておいてくださいね

 

だってぇ~こんなにツライのに・・・

 

って、思われるかもしれませんが、

「むちうち症」という、名前をつけてしまうから、よくならないんです。

「やっかいなもの」的な印象ありませんか?

もう、それが、治癒を遅らせています。こんな事実があります。

 

「むちうち症のない国がある」

リトアニアには、「むちうち症」という症状名、ひいては、「症状」が、ありません。

なぜだと思いますか?

自賠責保険・・・交通事故に遭ったときの保障制度が無いからです。

当然、痛めはしますが、長引くことは無く、早期に回復していくのです。

 

「むちうち症」・・・

これも、「症」という字が付いていますよね?

「症状」ということで、「病名」ではないんですよ。

「症状」は、とれるんですよ!

「むちうち」とか、「脳髄液なんちゃら」とか・・・

ネットで検索すれば、いくらでも出てきます。

冒頭でも教科書的な分類を載せましたが、症状もダブってますよね?

結局、区分けは、必要ないんです。

こうゆう、名前を付けられたことによる「不安」「恐怖」

ただでさえ、事故などに遭って、脳は、かなりのストレスを受けていますから、

「痛み」や「怒り」「悲しみ」「不快感」などを感知する「扁桃体」という部分が

興奮しすぎています。コレを沈めることが、なによりの早期回復にも繋がるんです。

 

事故に遭ってしまったら、ご相談ください。

「むちうち」ひとつでくくらず、その方のカラダの訴えを一緒に聴いて、

早く快適な生活に戻りましょう