身体の痛みについて理解を深めましょう!!

まず、『痛み』って? とこからですね。

 

「痛み」の医学的定義とは、下の3つです。(「痛み」のことを「疼痛」といいます)

①侵害受容性疼痛(炎症が原因のもの)

②神経障害性疼痛(神経が原因のもの)

③心因性疼痛(心理的な要因が原因のもの)

 

一つ一つを説明していくと・・・

 

①の炎症が原因というのは、

ケガなどをして炎症が起こることで、痛みの物質が発生します。

それが、末梢神経を刺激したものです。

これは、炎症が引けば、「痛み」の物質も消失しますので、治ります。

こういう痛みには、冷却(氷・氷嚢等)が、有効ですね。

 

②の神経が原因というのは、ちょっとだけ、やっかいです。

これは、神経が圧迫されたり、傷つけられて発症したものです。

「原因不明」と、診断されやすいです。

なので、慢性痛に移行しやすいのです。特に、「心因性」

 

③の心理的なものが原因というのは、現代の疾患の80% が、コレだといわれています。

不安や、ストレスが、原因です。

「ストレス」というのは、「悲しみ」や「怒り」だけでなく、

「寒さ」「暑さ」「電磁波」「喜びすぎ」・・・などもそうで、

現代社会では、ゼロになることはありません。

また、気づいただけでは、コレが原因の場合、治りません。

 

「痛み」の説明が済んだところで・・・

では、「痛みを消すには、どーしたらいいの?」って、ことですよね。

 

①痛み止めは治らない

コレを飲めば、ピタリと治る・・・なんて、薬はない!

飲み続けることで、腎臓や肝臓に障害がおきてきます。

 

②自分だけの「ゴールデンルール」を設定する

「完全な無痛」は、「ない」と、認識すること。

「完全」を求めない。

「完全」を求めるから、絶望するんですね。

まず、目の前の小さな、クリアできることから目標にする。

コレを一つ一つクリアしていくことで、自身と希望が湧いてきて、

この、自身と希望が痛みを克服する、うまく付き合っていける原動力となるのです。

 

③ウキウキする予定を立てる。もしくは行う

「動くと痛い」ので、動かない・・・

これは、腑のスパイラルの始まり。

動かない⇒活動量が減る⇒意欲が低下⇒抑うつ状態になる
⇒筋力も低下⇒もっと、動けなくなる⇒痛みの増加

無理をする必要はありません。

 できることをやめない!ということです。

痛みの出口は、「気持ちを切り替えるきっかけ」です。

「楽しい」「スキ」など、ウキウキする感情は、

脳が出す「幸せホルモン」(エンドルフィン・セロトニンなど)を活性化させます。

それは、まさに、自分で作り出す、痛みの特効薬

副作用もありませんよ。

 

今回は、まず、序章 。「痛み」についてでした。

要は、「痛い」か「痛くないか」の二元論ではなく、

東洋思想で言うところの「中庸」

痛い日もあれば、ましな日もある。

「おっ!今日は、調子いいじゃん!」ということにも、意識することが必要ですね!!

かたの駅前整骨院、ラインを始めました!

是非友達追加ボタンで登録をして頂くか、直接整骨院の方に来られて頂いてQRコードから登して下さい!

友だち追加

 

QRの方は画像保存をして頂き、LINEアプリを起動して、『その他』タブの『友だち追加』『QRコード』左下の『ライブラリー』で保存したQRコードを選択して頂ければ完了です!

登録された際はスタンプもしくは一言送信して頂くことで登録完了となりますのでよろしくお願いします。

登録することによるメリット

・ライン@に登録して頂くことで予約の連絡が簡単にできるようになる。

・ランダムで配信させて頂くその時その時で違うクーポンなどを活用できる。

・困ったときの対処法などを相談できる。