ランニングを行う際の注意点!

こんにちは!かたの駅前整骨院の岸下です(^^♪

最近はめっきり暑くなってきましたね💦皆さんは最近はスポーツなどはされているでしょうか?

僕は最近夜にランニングを始めました!!

食生活や楽トレも交えながら身体を絞っていってますので良い結果をいつかご報告出来ればと思います(^^♪

今日はそれも踏まえてランニング中に起こりうるランニング障害について書こうと思います。

ランニング障害とはランニングのしすぎによって起こる症状を言います。
起こりやすい部位としては股関節・膝・足部などが多く起こります。

ランニング障害は近年のランニングブームで増えた経験の浅いランナーの方に多くみられる傾向があります。
だんだんと距離を増やしていくうちに筋肉に無理な負荷が掛かり気付かないうちにランニング障害を起こすパターンが増加しています。

ランニング障害になりやすい要因としては年齢や体型、道具や環境の問題など様々です。
年齢は30代~40代に多く見られます、筋肉が硬いのが原因の一つです。
体形は肥満傾向のかたが膝や腰に負担が掛かってしまうので多く見られます。
後は無理せず自分の身体と相談しながらあった距離を走ることが大事になります。

予防法としてはウォーミングアップとクールダウン、走る前のストレッチをきちんと行う事、
そして無理な距離を走らず少しずつ相談しながら走ることが大事です!

ランニングをする際は無理をせず予防法をきちんと実践しながら走ることを心がけましょう(^^♪