ウォーミングアップの目的と効果

ウォーミングアップの目的と効果

・筋肉の温度を上げる

筋肉を動かすことにより、関節も動くので

適度に体が温まり、体を動かす範囲が広がります。

・神経系の伝達がスムーズになる

あらかじめウォーミングアップしておくことで

筋肉を動かすという脳から体への伝達が向上するので、

これにより、運動パフォーマンスも向上します。

・怪我の予防

筋肉の温度が上がり、関節の動く範囲を広げておくことにより

筋肉や靭帯の予防が出来ます。

運動中の怪我は咄嗟に起こるものなので、

あらかじめ体を動かすことにより、柔軟性が高まっている分

怪我を避けることや度合いも軽めに済むかも知れません。

運動不足で急に運動を始める場合は尚更怪我をしやすいので気をつけましょう!

・にウォーミングアップの仕方

時間は夏場であれば10分から15分は取りましょう。

冬場であれば、体が温まるのに時間がかかるので夏の倍の時間は取った方が良いと思います。

運動内容としてはジョギングやエアロバイクが良いです。

その後、ストレッチをしましょう。

どんなストレッチをすればいいのか迷う人には

ラジオ体操第一、第二、をお勧めします。

あるいは、ジョギングをしながら一緒に体操を行う

ブラジリアン体操というものがあるので、それもお勧めです!

などなど、方法は沢山あるので、

運動をする度、自分に合ったウォーミングアップを試してみて、

怪我なく、楽しく運動を続けられるよう体を大切にしましょう!